ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

つわりで会社を休み・早退・遅刻を乱用し、仕事を放棄する日々。(妊娠2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月)






 
こんにちは。ばななつまです。
 
私の妊娠初期といえば、もう、つわり地獄の記憶しかありません。
 
 
つわりって、言葉はなんとなく知っていただけで、
妊婦さんがたまに洗面所にかけこむあれねー。
は、吐き気が!ま、まさか、妊娠?!の、あれねー。
くらいにしか思ってませんでした。
 
甘かった!激甘だった!
 
気持ち悪いという状態が、どれほどつらいのか…これは経験者しかわからないのだと実感しました。
それまで私は二日酔いも乗り物酔いもほとんどしたことがなかったので、誰かが「二日酔いだー」だの「乗り物弱くてー」だのと言っても
気持ち悪いくらい大丈夫でしょー!そんなの気合でなんとかしろー!なんて思っていました。
 
心よりお詫び申し上げます。
 
 今まで心の中で鼻でフンとあざ笑っていて申し訳ございませんでした。
 こんなにつらかったんだね…。
 
だけど二日酔いとかは薬でなんとかなることもあるし、1日もすれば良くなるけれど、つわりに効く薬はない。しかもいつ終わるのかわからない。
 
気持ち悪くてゲロゲロで意識もうろうとしてる中、これがいつまで続くのかわからないとなると、もう精神やられますよね。
 
一生終わらないんじゃないかと本気で思ったよ…!
 
 
 

何もできない毎日

ちょっと前までハッピーマタニティーライフだとかお腹の中に生命が!きゃー!とか言ってたけど、もうそんなことなんぞ考えてられません。
 
とにかく何もしたくない。動きたくない。
 
それでもどうにかならないかと
 
「つわり 対策」  とか
「つわり いつまで」  とか
「つわり ピーク」  とか 
「つわり よくなる方法」  とか
 
検索履歴がつわりだらけ。
頭の中もつわりだらけ。
 
毎日つわりが楽になるという手の甲のツボを押しまくっていました。
 
 
 

仕事は放棄

1日の中で一番調子が悪かったのは朝。
仕事にいきたくないというメンタルからでしょうか。笑
 
気持ちが悪くて布団から出られない。
職場の人の「からだ優先で、つらかったらむりしないでね。」という優しきお言葉を鵜呑みにして、遅刻を乱用しました。
 
頑張って行っても会社まで車で40分、耐えきれず途中のコンビニで吐く。
 
会社にいっても吐いて仕事にならない。
 
「大丈夫?無理しないで辛かったら帰ってもいいよ」を鵜呑みにして早退を乱用。
 
1日休む日も多々。
 
 職場の人には本当に申し訳ないほど仕事にならない日々でした。
それでも私がいなくても他の人のフォローや人事の心遣いにより職場は回っていたので良かったです。もしどうしても休めない職場だったらどうなっていたのだろう…考えると恐ろしいです。
 
 
 

「つわりで休むな」だと?

“気持ち悪い”のつらさを知らない昔の私だったらきっと、つわりで休むなよと思ってしまっていたかもしれない。病気じゃないんでしょ?と。
 
先輩にも、「私もつわりあったけど、仕事中は気が紛れて大丈夫だったけどなあ〜。」と遠回しに「自分はつわりがあっても仕事してたのに…」と言われました。
 
だけどね、
つわりは個人差があるんですよ。
 
つわりピーク時の私は食べても食べなくても、何をしてても何もしていなくても常に気持ち悪かったし、一日に何度も吐いて、吐くものがなくなるまで吐いたら黄緑色のものがでてきたし(胃液の色)点滴もしたし妊娠しているのに体重も減ったし、人と話すことすら苦痛で、
仕事なんてしてられるかバカヤロー。
って感じでした。
 
入院するようなもっとつわりがひどい人に比べたら私のなんて全然軽いのかもしれない。それでもつらいもんはつらいんだよー!!!!!
 
 
 
 
もし入院になったりドクターストップがかかれば胸はって仕事を休めると思います。
 
でもそうじゃないとつわりを理由にして仕事を休むのは勇気がいりますよね。だって、どのくらい気持ち悪くてどのくらい辛いか」は他人にはわかりませんから。
 
私の職場の人はつわりの私にとても優しく接してくれましたが、それでも「つわりで仕事を休む」ということに後ろめたさは感じました。
 
「優しい言葉をかけてくれているけど、実際はどう思われてるのだろう」とか「迷惑をかけて申し訳ない」とか。
 
とはいえ、無理して行ったところで仕事にならないのは目に見えているので行きませんでしたけどね!(どーん)
 
それに妊娠中に無理は禁物。ストレスも悪。「つわりが辛い」と思いながら無理して仕事に行ってはストレスになって身体に良くないです。
もしつわりで仕事をするのが困難だけど、自分から職場へ伝えるのは勇気がいる…という場合には、「母性健康管理指導事項連絡カード」を活用することをお勧めします。
 

母性健康管理指導事項連絡カードとは?

簡単にいえば病院の診断書のようなもので、医師から会社に対して、妊婦さんの症状を伝え、就業時間の短縮や休業などを指示するものになります。

一般的にはまだあまり知られていまんが、このカードは診断書と同じ効力をもつため会社は医師の指示に従わなければなりません。

正社員のほか、準社員、パート、アルバイトなど、働くすべての妊婦さんが利用することができます。

健診の時などに医師に作成してほしい旨を伝えれば書いてもらえます。

私も先生から「必要なら書きますので利用してください」と言っていただいたのですが、職場の人が理解ある人たちだったので不要と判断しお断りしました。

 

 

 

おわりに 

仕事も大切ですが、仕事はいつでもできます。お腹に赤ちゃんがいるのは長い人生でたった10ヶ月。それもつわりがあるのは安定期に入る前の大事な時期です。 私は自分の体を大切にしてあげることもお母さんとして立派な仕事だと思います。