ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

においづわり、吐きづわりが辛すぎ…つわり対策や神ヒットした食べ物などまとめ。(妊娠2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月)






 
 

 

 
こんにちは。ばななつまです。
 
つらーいつわり生活ですが、特に辛かったのがにおいづわりでした。
 
 
 

におい対策

 
柔軟剤だめー。
シャンプーだめー。
ボディーソープだめー。
香水つけてるひともちろんだめー。
いいにおいのトイレットペーパーだめー。
 
そんな私は
変えられるものは全部無香料のものにチェンジしました。
 
だけど無香料のものを見つけるのになかなか苦労しました。最近は何にでもいい匂いがついてるんです。
 
無香料といっても「香り付けはしていない」ってだけで、なにかしらの匂いはするし。つわりのおかげでこの世には無臭のものはそうそうないことを知りました。
 
 
他にもにおい対策として、24時間マスク着用
とはいえはマスクも臭いし時おり自分の息もくさくなるという絶望…。
 
信じられないほどにおいに敏感になっていました。麻薬犬になれるかと思った…!
 
 
私があまりにもくたばってるので旦那氏が消臭ポットを大量購入してきてくれました。
 
部屋中いろんなところに消臭ポットだらけ
獣でも飼ってるんでしょうか、ってくらいに。
 
それから、においもだけどお風呂の湯気感もだめで、どうにか早くシャワーから出たくて、シャンプーをサボりまくった。
夏だったけど…。もうね、つわりの前ではもうそんなのどうでもよくなってしまうのです。ただただつわりの地雷を踏まないように必死なのです。
 
ご飯が炊けるにおいがダメな人が多いみたいだけど、私はそんなにダメじゃなかったかな…って、ご飯なんか炊いてないからね。料理は完全放棄しました。
 
食材のにおいとか、湯気とか、無理です。冷蔵庫のにおいも殺人的でした。 
 
 
においづわりの対策としては、とにかく自分が何のにおいがダメなのかを知り、そのにおいを徹底的に排除する、もしくは嗅がないようにすることが一番です!
 
 
 
 

食べつわりの頃

つわりの序盤は食べづわりっぽい感じもあり、割と色々食べられました。(終盤は吐きづわりで吐きまくって食べられなかった)
 
旦那に「私は食べる気がしないから自分の分だけ夕飯買ってきてね」と言って寝ていたのに、牛丼のにおいにつられて起き出し、ちょっとちょうだいと言いつつ半分以上たいらげたりしていました。
 
食べてる時は唯一つわりからちょっと解放される時間でした。
 
 
 

食べつわりの時によく食べていたもの

食べつわりと言っても何でも口に入れておけばいいというわけではなく、「食べたい」と思って食べても気持ち悪くなったり、食べられても食べた後に気持ち悪くなったりして、なにを食べればいいのかわからなくなってしまうこともありました。

 

そんな中でも気持ち悪くならずに食べられたものをまとめたいと思います。

 

おにぎり

まずはおにぎり。ツナおにぎりが大ヒットでした。梅干しも鉄板。同じお米でも茶碗のホカホカごはんはオエッとなりましたが、冷たいおにぎりは食べられました。
 
 

パン

パンはなるべく具も味もないパンがヒットしました。
通勤・帰宅中は気持ち悪くならないように車を運転しながらひたすら食パンをちぎって食べていました。今思うとすごい光景です。蒸しパンもよく食べました。
 
 

そうめん、そば、うどん

冷たいもので、具なしで食べていました。つゆは麺つゆです。温かいのとかごまダレとか天ぷらはもちろん無理でした…。
 
  

ウイダーインゼリー

これ、おそらくつわり中ナンバーワン神ヒットです。他のゼリーだとオエッとなりましたがウイダーだけ大丈夫でした。
私はつわり中だけでウイダーにいくら注ぎ込んだんだろうか…!
 
 

肉じゃがのじゃが。

つわり中はやたらじゃがいもが美味しかったです。特に肉じゃがのじゃが。にんじんやお肉は食べずに、肉じゃがのジャガイモだけ食べまくっていまきた。
フライドポテトも脳は食べたいと欲していましたが食べた後に胃がやられるので断念。
 
 

卵焼き

だし味で。甘いのはオエっとなるのでだめでした。他の調理法の卵でもだめで、卵焼きのだし味だけヒットでした。
 
 

 

 
 
 
結局、食べつわりだったのは一時的でつわりのピーク時には吐きつわりになり食事はほとんど受け付けなくなりました…。胃になにもないのに吐くのは本当にキツかった…!!胃液が苦いのなんの。 今思えば無理にでも少し食べていれば吐く時に楽だったのかもしれません。

 
つわりは妊娠5ヶ月にはほとんどなくなり、つわりが始まってから終わるまで大体2〜3ヶ月の闘いでした。終わってみればたかが数ヶ月ですが、私の人生の中で最も長くてつらい数ヶ月でした。
特に「終わりが見えない」「いつまで続くのかわからない」ということが辛く、本来なら妊娠という喜ばしいことのはずなのに、当時の私は全く明るい気持ちにはなれずにただ毎日を耐えてやり過ごしていくことしかできませんでした。

もう二度とこんな経験したくない…!!

 

 

つわりが終わってからは念願の夏フェスに行ったり産前旅行にいって遊びましたよ〜(^q^)

bananatuma.hatenablog.com

 

 

bananatuma.hatenablog.com