ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

初回健診にて感動の心拍確認。(妊娠2ヶ月)






 
 
 
こんにちは。ばななつまです。
 
新婚旅行から戻り、これから通う産院を夫と相談して決めました。個人病院で、フリースタイル分娩ができる病院です。総合病院よりは出産費用などが高いですが、先生や助産師さんの評判が良く、夫が仕事の関係で知り合いだということや家からも近いということでそちらに決まりました。
 
 

ちょっとドキドキしながら病院へ

新しい病院なだけあって、院内はとても綺麗でした。
 
待合室には子どものプレイスペースもあって、子連れで来てる妊娠さんも多かったです。 
私はここなら上の子がいても安心して連れてこられるからよかった〜と、まだ1人も産んでないのにもう次の子のことを考えていました(笑)
 
新婚旅行前に急遽かけこんだ産婦人科もそうでしたが、妊婦さんが本当に多い。これまでほとんど妊婦さんを目にしたことがなかったので(正確にはいたけど気にして見ていなかったんでしょうね…)私の住む地域にこんなにたくさんの妊婦さんがいることにびっくりしました。
 
問診表を書いて検尿を提出し、待合室で待ちます。
 
 

診察

しばらく待っていると、名前が呼ばれました。先生に問診表に書いたことについて軽く聞かれて内診室で内診をしました。先生はニコニコして優しそうな男の人でした。
 
内診の時に、カーテンをどかして超音波の映像を見せてくれながら、
 
先生が「この小さな粒が赤ちゃん。ここにピコピコして見えるこれが心臓だよ。しっかり動いているね。この心臓は死ぬまでずっと動いてるんだよ。」と教えてくれました。
 
 
すごい。
 
 
 
すごい。
 
 
すごいすごいすごいすごいすごいすごいすごい。
 
 
私のお腹の中にいのちがあるんだ。
 
 
私のお腹の中で動き出したこの小さないのちの心臓は、私から出ていっても死ぬまで動き続ける。
 
 
なんてすごいんだろう…!
 
 
 
生命の神秘なんてガラじゃないけど、感動しすぎて泣きそうになりました。
 
 
 
 
今まで、妊婦さんをみても「妊婦さんだからお腹に赤ちゃんがいるのは当たり前だ」と思っていましたが、だけどそれは全然当たり前のことではなくて、お腹にもう一つのいのちがあるということは本当に奇跡的にすごいことだったのです。
 
 
私はこの日のことを一生忘れないと思います。
 
 
これから10ヶ月のあいだ私のお腹にいる「いのち」。なにがあっても守っていきたいと思いました。