ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

妊娠7ヶ月、突然の切迫早産の診断で急遽仕事を休んで自宅安静に。リトドリンの錠剤の処方がはじまった。






 
 
その日は突然やってきました。
 
 

妊娠7ヶ月の妊婦健診

妊娠7ヶ月で妊婦健診に行ったときのことです。 
 
ここ何回の健診ではお腹からのエコーだけで内診はしてなかったのですが、今回は久しぶりの内診がありました。
  
内診しながら先生が「あーれー?あーれー?ちょっともう一回みてもいいー?あーれー?あーれー?あららー?」
 
とか言っております。何事でしょう…。診察室に戻ってお話しますと言われドキドキしながら内診室から診察室へ戻りました。
そして告げられたのは、
  
子宮頚管が短くなっています。切迫早産です
診断書を書くので仕事は休んで自宅安静をしてください
 
ということ。 
 
なんだこの突然すぎる展開。
  
私も赤ちゃんも順調だと思っていた。
子宮頚管が短いと言われても自覚症状もないのでピンときません。切迫早産ってなんなのだろう?まったくノーマークでした…。
 
でも、仕事休めるのはちょっとラッキー。なんてあほなことを思いながら、
「いつから仕事休んだほうがいいですかね?」と聞くと、 
 
「すぐです。明日からです。」
とのお答え。
 
私「…え?!」
(今思うと「いつから休めばいいですかね?」って、なんちゅう馬鹿な質問を…と思いますが、当時は切迫早産のことを何もわかっていなかったのですね。知らないって恐ろしい…。)
 
 
たまたまお腹が張って子宮頚管が短いだけかもしれないので、とりあえず1週間様子をみましょうということになりました。1週間後にまた来院です。 
 
1週間分のリトドリンが処方されました
 
 

会社に連絡

会社用の診断書をもらったものの「今日から自宅安静」なので会社にいって診断書を渡すことも上司に直接説明することも、もちろん同僚に仕事の引継ぎをすることもできないわけで、
困ったぞ。
 
仕事のスケジュールは机にあって何を引き継げばいいのかも把握できてないし…机ゴチャゴチャに汚いし…ああああ普段のずさんな仕事っぷりがこんなことであらわにあるとは…汗
 
とはいえ会社を休むのはとりあえず1週間ということなので、1週間仕事をせずのんびりしていれば治るだろうと私は考え、会社には上司に電話で伝え、仕事の引き継ぎも電話でしました。おそろしくずさんな引継ぎだっただろうな…汗 
 
 
 

自宅安静スタート。

なにがともあれ、自宅安静生活のはじまりです。この時はまだのんきに仕事やすめてラッキー!なんて思っていました。
 
朝もダラダラ寝てられるし、テレビ見ながらおやつでも食べながらゴロゴロして、久しぶりに日中にお洗濯できたーわーい〜。ついでに布団でも干しちゃおうかな〜。わー昼間のスーパーは新鮮なお野菜がたくさん残ってるのね〜。
って、
自宅安静の意味を全く分かっていないー!!!
私のバカタレーーーーー!!!!!!!!!
自宅安静=仕事に行かない ではないんだよー!
自宅で安静にしなきゃだめなんだよー!
 
当時の何もわかっていない私の頭をペシーンとひっぱたいて説教してやりたいです…!
 
仕事中はしょっちゅうお腹が張っていたけれど家に帰ってからは減ったので、なーんだ仕事してなければ大丈夫じゃないの、仕事のストレスで張っちゃってたんだね、なんて思っていたのです…
なので仕事にはいかないものの家事は普通に…いやむしろ張り切ってやってしまいました…。
 
 
 
 

1週間後

再び産院へ行き診察をしてもらいました。平日だというのに休日と変わらず混んでいてびっくり。
結果は前回よりは多少良くなったものの、まだ子宮頚管は短いとのことでした。
 
この時期にこの短さだと心配なので、もう少し自宅安静で様子を見て、良くならないようなら入院をして点滴をする必要がある、さらに通っていた個人病院では早産の対応ができないので、NICU(新生児集中治療室)のある総合病院への紹介になるとのこと。
 
ななななんですとー!!?( ゚д゚)
 
自宅安静2週間延長
引き続きリトドリンが処方されました。
 
さすがに自分の状態を理解しました。
これはまずい。私こんなに大変な状況だったのかと…!
 
 

実家に帰る

家にいると多少なりとも動いてしまいそうなので、実家に帰ることにしました。
 
実家の母にご飯も作ってもらって、洗濯もしてもらって、いつの間にかお風呂が沸いていて。私はというと1日中布団かソファーに寝っ転がってテレビをみながらスマホでゲームしてダラダラしてました。たまに愛犬と戯れたりして。なんちゅうVIP待遇\(^o^)/
 
実家に帰ったらお腹の張りがものすごく減りました!胎動も元気にある。
まさか産休前にこんなに仕事を休んでのんびりできるとは思いませんでした。お腹の赤ちゃんからのプレゼントかな。
 
なんて思っていましたが…。

 

 

こちらに続きます。

bananatuma.hatenablog.com