ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

ウテメリン24時間点滴の効果と副作用。(妊娠8ヶ月)





 
 
 
こんにちは。ばななつまです。
 
 
妊娠7ヶ月に切迫早産の診断を受けてからというもの、約3週間仕事を休んでの自宅安静の生活を送っていましたが、改善がみられなかったために妊娠8か月で入院を言い渡され、ウテメリンの24時間点滴生活が始まりました。
 
 
右利きなので点滴の針は左手にとめて欲しいと看護師さんに伝え左手に刺そうとしてくれたのですが、いきなり失敗されて結局右手からスタートです。ジーザス…!
 
手首の下あたりに針がとまっているため手首が曲がらないわ、というか緊張して腕がほとんど動かせないわ(針が抜けたりズレたりしたらコワイ)で、全然右手が使えませんでした。トイレとか超大変。
 
そして初日はあまり気にならなかったのですが、次の日からウテメリンの副作用が出てきました。
 
ちなみにウテメリンの量は処方できるMAXの量でした。
 
 
 

ウテメリンの副作用

 
①暑い
暑い、とにかく暑い。体が火照ってカッカしました。
それなのに入院時は涼しい季節だったので病院が全館暖房に設定されており冷房が使えないとう仕打ち…。もう暑くて暑くて汗がとまらなくて、他の人が長袖でも涼しいと言う中、窓を全開に開けて袖と裾をまくってうちわであおぎまくっていました。
もうね、シャワーにいってもサッパリするどころかシャワーにいくことでまた暑くなって着替えたばかりのパジャマがすぐ汗びっしょりになっていましたよ。(シャワー時間が15分で忙しかったし) 
特に寝るときが暑かったです。病院内は快適な室温になっているわけですが暑くて全然寝付けない夜も何度もありました。
 
ウテメリンのせいなのか妊娠のせいなのかはわかりませんが、普段の平熱は36.4℃のところ入院中の平熱は37.5℃でしたので、暑いと感じるだけではなくて実際に体温が高かったようです。
 
 
 
 
②動悸
ちょっと起き上がったりするだけで、すぐに心臓バクバクになり、こ、これが動悸かぁぁ!!!!って感じでした。
 
そのうち動かなくても動悸、寝てても動悸、わたし大丈夫か…と心配になって看護婦さんに相談しましたが、「副作用なので大丈夫ですよ~」と言ってもらえて一安心。
 
 
 
 
③手の震え
なんかね、震えるんですよね、手が。疲れた時に目がピクピクなるやつの手バージョンって感じです。
 
ごはん食べるのにも手が震えちゃって使い物にならなかったのでお箸をやめてフォークやスプーンでなんとか食べていました。
 
ということで食事はなんとか乗り越えられたのですが、入院にあたっての同意書や会社への提出書類など、入院にあたって書かなければならない書類がたくさんあったのですが(しかも結構ちゃんとした大事な書類)
字がガクガクで、読めないくらい汚くなりました。
決して盛ってません。本当に読めなかったです。「ふざけてるの?」ってくらいガクガクに。
本人自筆でないといけない書類以外は家族に代わりに書いてもらいました。
 
ちなみに、足も力を入れようとすると震えることもしばしば。
 
 
 
 
④だるい
点滴を始めるときに副作用でだるくなります、と説明され、さらに体調チェックで看護婦さんに何度も「だるくないですか?大丈夫ですか?」と聞かれるので、もう本当にだるい気がしてきます。
はい、メンタル弱しです。
でもね、ずっと病院で寝たきりだとやっぱりだるくなってくると思います。 
 
 
 

 

 24時間点滴だとこんな“副作用”も 

点滴は24時間なので、点滴袋と機械はどこでもいっしょ状態になります。トロか。(古いネタでごめんなさい。)
 
トイレにいくときもゴロゴロ連れて行くし、廊下を歩く時もゴロゴロ連れて行きます。
 
唯一シャワーのときは機械ははずれますが、針は刺したままで針の上から防水テープのようなものを巻いてもらいます。
 
体を洗うときにはなるべく水がかからないように気をつけていましたが、まあ、ほぼ確実に浸水してきますね
 
となると針をとめているテープがふやけて針がグラグラしてきます。これがまたなんとも痛いんだなあ。
 
 

血管がボロボロになる。

はじめは針の差し換えまで1週間もちました。それがだんだん血管がボロボロになって3日ももたなくなり、ひどいと1日で漏れて差し替えになりました。両腕の表も裏も針の跡だらけです。
針が太くて長すぎなんだよ、初めて見たとき気絶するかと思ったよ!
 
 

機械のアラームは聞きすぎて空耳になる。

ピロリン…    ピロリン…
閉塞、気泡、終了のたびにピロリン…ピロリン…
終盤は血管ボロボロのため、ナースコールでアラームをとめてもらっても看護婦さんが戻った途端にピロリンピロリン…で、またすぐナースコールということもしばしば。
 
何度も看護婦さんが機械操作をするのを見てたから、もうナースコールしなくても自分で操作できたと思います。笑
 
 
 
 
 ということで、私の体験した主な副作用はこんな感じでした。
副作用はちょっと大変だなあと思うことももちろんありましたが、ものすごい吐き気とか頭痛とかの副作用じゃなかったのでよかった。

ウテメリンによる副作用よりも、「寝たきり状態」「いつ退院できるかわからない」「血管がボロボロで痛い」方が辛かったです。
 
 
 
 
 
旦那がしみじみと、子供を産むって大変なことなんだね。と言った。
 
 
だけど
点滴になってからお腹の張りはほとんどなくなりました!
 
点滴すんごいです。
 
 
 
正産期まであと2ヶ月、早く退院できるといいなと願ってやまない毎日なのでした。