読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

出産レポ(前編)陣痛〜破水〜地獄のいきみ逃し〜分娩室へ





 
 
こんにちは。ばななつまです。
 
今日は愛する長男こたろーが産声をあげた日のこと、出産レポをまとめたいと思います!
 
 

妊娠39週0日

それはちょうど予定日の1週間前の日でした。この日までにおしるしは無し、前駆陣痛が何度かあり。前回の健診では「子宮口はまだまだ」と言われていました。
 
 
 

夜中

いつものようにトイレで起きる。お腹が痛いがまた前駆陣痛かもと考え、とりあえず眠れそうなので寝てみる。
 

4:00

お腹が痛くて目が覚める。張るのとは違う痛みで間隔は長い。
 

5:00

間隔が短くなってくる。いよいよ陣痛かもと思いアプリの陣痛時計で間隔をはかろうとする。が、いまいち痛みの始まりと終わりがわからずうまく計れず。せっかくインストールしといたのに意味なーい!!笑
布団でガサガサしてたのでこの時旦那も起きる。
 

6:00

アプリはあきらめ、まあ大体10分間隔かな!というところで病院に電話してみる。
初産なので、あと1時間くらい様子をみてくれと言われ待機。
 

7:00

陣痛が続くので再び病院に電話。出産と入院の荷物を持って、来てくださいと言われる。産褥ショーツとナプキン装着。
とりあえずなんか食べとこうか。と、旦那にツナおにぎりをにぎってもらって食べる。陣痛の波がきてない時はまだ全然余裕。
 

7:30

旦那に病院まで車で送ってもらい、すぐは産まれないだろうと旦那はそのまま仕事へ。
私は先生に診察してもらい子宮口は3cm。陣痛室へのゴーがでた!
 

陣痛室へ

陣痛室には私の他にも妊婦さんが1人いるようでカーテンの中からうーうーうなっているのが聞こえてくる。
分娩室からの叫び声がきこえる。私はすごいですねーと話せるくらい余裕。そのあと産声が聞こえてきて次は私かと気合が入る。
 
陣痛の痛みはだんだん強くなるがまだ大丈夫。
 
 

12:00

お昼に病院食のそばを食べる。陣痛の痛みは強くなってくるが波がきていないときはまだ余裕で食事が摂れる。
 

13:30

陣痛の波がくると動けないくらいの痛みになる。しかし分娩まではまだまだとのこと。
  

14:20

パチンと音がして破水。破水による母子の細菌感染を防ぐために抗生物質の点滴をする。子宮口はまだ6cm。
 

15:30

旦那が仕事を早退して病院に到着。テニスボールでおしりをぐいぐい押してもらう。
う◯ちがでそうな感覚がしていきみたくて仕方がなくなり 「おしり〜おしり〜」「でる〜でる〜」と叫ぶ。
 
ふいに「出産中にふんばってう◯ちがでちゃっら恥ずかしい」と思い、支えてもらいながらフラフラとトイレへ行く。ナプキンが血だらけでびっくりしナースコールをしてナプキンを替えてもらう。もはや何がしたいのかわからない。あの時の私に「いいから大人しくベッドで寝てなさい!」と言ってやりたい。
 

痛みのピークがくる。

痛くて痛くて脚がガクガク震えた。痛みがピークに達してナースコールをして助産師さんを呼ぶがまだ子宮口は8cm。

まだいきめないなんて絶望的だった。辛いとは聞いていたがそれはまさに地獄のいきみ逃しだった。私は痛い痛いと助産師さんにすがり、 あまりの痛みに腰から下を体から切り離してしまいたかった。痛みは下痢と生理痛を100万倍強くした感じ…!

 

分娩室へ移動

子宮口はまだ全開になっていないが歩けるうちに分娩室に移動したほうがいいと判断され陣痛室から分娩室へ移動する。
短い距離だったが生まれたての子鹿状態の私は移動するのにとても時間がかかった。
 
 

分娩室に入る

ようやく分娩室へ辿り着くと、中にはザ・分娩台って感じのいすがある。
分娩台のハンドルはボロボロ。何人もの妊婦さんがここを握ってきたんだろう。
 
 
次は私の番である。さあ、がんばるぞ。
 
 
 
後編へつづきます。