読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

ヒブ・小児肺炎球菌の予防接種で小児科デビュー。副作用なのか初めての高熱。(生後2ヶ月)





 
 
 

初めて予防接種にいきました。

長男こたろーちゃん、生後2ケ月を過ぎたので、ヒブ・小児肺炎球菌の予防接種に行ってきました。
 
小児科は家から近くて評判も良さそうなところがあったので、そこで予約をとりました。
 
今回は初診なので電話で予約だけど、次回からは予約専用電話に電話してガイドに従って番号を入力すれば24時間予約の受付と取消ができるらしい。便利な世の中だこと。
 
 
予約当日、持ち物を確認
  • 市から配布された予診票
  • 保険証
  • 受給者証
  • 母子手帳
  • おくすり手帳
  • オムツ
  • おしりふき
  • 着替え
  • ガーゼ
  • タオル
 
出かける前に授乳したいけど、あまり直前すぎても良くないかな…オムツも替えてから行かなきゃ。靴下もはかせて…寒くないかな、おくるみいるかな。病院にいくならマスクさせた方がいいかな、、と、
出かけ慣れしていないので、出かける直前までてんやわんやでした。
 
 
 

結局予約時間のギリギリに到着。

受付をして熱をはかりソファーにかけました。
 
咳をしてる子がいる…なんかやだな。
鼻水をすすってる子が近くに来た。やだなやだな!もうこの子のお母さんどこですか…子供放置しないでようぅ。
こたろーにうつったらどうするんだとやたらギラギラな私はさりげなく離れたソファーに移動しました。
 
 
 

名前を呼ばれて予防接種専用の部屋へ。

看護婦さんから予防接種についての説明をうけて、先生にお腹ポンポン、お口あーんしてもらって、
 
いざ、注射針がキラーン。
私の方が緊張しちゃいます。
  
看護婦さんが体を押さえて、私は頭をおさえるように言われました。
 
「では刺しますよー。」と先生が言うと、ただならぬ雰囲気を察したのか、刺される前に泣き出すこたろー。
 
ぎゃー泣いたーとわたわたしている私をよそにサクッと注射をする先生。「はい終わりですー」
 
めっちゃ早かった!
 
たろちゃんよく頑張りましたー。もちろんギャン泣きでしたよ。
 
その後、副作用があるといけないのでしばらく部屋で待つように言われました。
ちゃんと終わってからも部屋で待たせてくれるのは安心です。回転率とかより子供のことを考えてくれてるなーと思います。
 
定期接種なので会計は無料でした。すごーい。
なんなら子供用にお菓子をもらうおまけ付きでした。(こたろーはまだ食べれないけどもらえました。もちろん私の胃袋へ。)
 
 

初めての高熱

無事予防注射を終え、その後も機嫌よさそうに過ごしてたこたろーだったのですが、
 
夜寝た後、起きてやたらグズグズしました。
副作用でちょっと調子が悪いのかなーなんて思いながら寝かしてたけど、何度も何度も起きます。
何時間かそんなのが続いて、また起きたので抱くと、抱いた瞬間に熱があるのがわかるくらい熱い。
 
熱をはかると39℃でした。
 
副作用で熱がでるかも、とは聞いていたが、実家にホカホカの息子を目の当たりするとどうしていいのかわからずにあたふたしてしまいます…。
先生が熱がでたら首の下のリンパを冷やしてくださいと言っていたので(先生ありがとう)水で冷やしたタオルを首の下にあてました。
 
こんなに小さい子が高熱を出すなんて…私は本当に心配ですぐにでも夜間病院に行きたいくらいでしたが、夫が色々調べてくれて、今夜は病院にはいかずに様子をみて次の日に下がらなかったら受診することにし、その夜は何度も起きてグズグズしておっぱいのんで首を冷やして〜を繰り返しました。
 
最高で40℃まであがったホカホカ息子くん。
 
こんなちっちゃい体でこんなに高熱がでるなんて、本当に心配だった。こわかったです。
 
 
 

次の日にはすっかり平熱

朝起きると、普段通りのこたろーちゃん。
寝不足のせいか、午前中はよーく寝ていました。私もほとんど寝られずバタンキューです。
でも熱が下がって本当によかった。
 
 
病気、ケガ関係の知識は前もって知っておくと、いざという時に安心だなーと実感したばななつまでした。