ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

【体験談】陣痛ジンクス効果あり?臨月に焼肉、オロナミンC、ウォーキング、乳頭マッサージをした結果はいかに…!

 

f:id:bananatuma:20171002165602j:image

 

こんにちは、ジンクスは信じるタイプのばななつまです。

今日は私が長男と次男の妊娠中に試した陣痛ジンクスと効果について書きたいと思います〜。

それではいってみよう〜!

 

 

陣痛ジンクスとは?

そもそも陣痛ジンクスとは何かと言いますと、「〇〇をすると陣痛がくる」という都市伝説のようなもので、科学的根拠は全くありません。

陣痛ジンクスで陣痛が来た人もいれば、片っ端から試しても全く効果がなかったという人もいます。 なので陣痛がきたらラッキー程度の気持ちで試してみるといいかもしれませんね。

ちなみに有名な陣痛ジンクスとしては、

  • 焼肉を食べる
  • オロナミンCを飲む
  • カレーを食べる
  • ウォーキングをする
  • スクワットをする
  • おっぱいマッサージをする
  • 満月・新月のとき
  • 低気圧が近づいている時

 などがあります。

 

一人目妊娠時に試した陣痛ジンクスと結果

上の子の妊娠時には焼肉を食べてオロナミンCを飲んだところ、その3日後に陣痛がきました。ちょうど満月だったのですが、満月効果なのか私の出産の前後にもたくさんの妊婦さんが出産されていて、病室はほぼ満室・授乳室は大混雑ですごかったのを覚えています。

ということで、一人目妊娠時は、「焼肉、オロナミンC、満月」の陣痛ジンクスで→結果は陣痛がきました!

 

 

二人目妊娠時に試した陣痛ジンクスと結果

一人目ですっかり陣痛ジンクス信者となった私は、前回同様、焼肉とオロナミンCを実行。 さらには家の近所をウォーキングしてお風呂で乳頭マッサージをしました。 するとその3日後に前駆陣痛、翌日出産に。 しかもその日は警報がでるくらいの大雨でした(つまり低気圧!)。

ということで、二人目妊娠時は、「焼肉、オロナミンC、ウォーキング、乳頭マッサージ、低気圧」の陣痛ジンクスで→結果は陣痛がきました!

 

→よって、私の場合2回とも陣痛ジンクスを試して陣痛がくるという結果になりました!

 

 

どうして陣痛がきたのか

科学的根拠がないはずの陣痛ジンクスで二度も陣痛がきた私ですが、どうして陣痛がきたのかを考えたいと思います。

【焼肉】まずは焼肉から。焼肉といえばスタミナ、栄養をつけたいときには焼肉、ということで焼肉を食べたいと思う時=出産が近くて体がスタミナを求めている時なのかもしれません。

つまり焼肉を食べたから陣痛がくるのではなく、出産が近いから焼肉を食べたくなるのかも…! 

【オロナミンC】続いてはオロナミンC。これは飲むとママも赤ちゃんも元気ハツラツになって、「よし、産まれちゃうか!」という気持ちになってしまうのかも…!

【ウォーキング】たくさん歩くことで赤ちゃんが重力に引っ張られて下に降りてきて陣痛につながるのかも…!

陣痛がこなかったとしても運動をすると安産になるのでやってみて損はなしです。

乳頭マッサージ】乳頭マッサージを行うことで分泌されるホルモンによって子宮収縮が促されるそうです。

こちらも産後のために妊娠中からやっておいて損はなしです!

【満月・新月】なにか特殊な力が働いているのかも…!月の魔力…!!

【低気圧】雨の日になると腰が痛くなる、みたいな感じでなにか身体や赤ちゃんに影響しているのかも…!

 

はい、やっぱり科学的根拠は全くありませんね(笑)

 

おわりに

臨月に入るといつ陣痛がくるのかとソワソワしたり体が重くて早く産んでしまいたいと思うかもしれませんが、いつ産まれてくるのかは赤ちゃんのみぞ知ることです。ですが何もしないのも落ち着かないので陣痛ジンクスを色々試してみるのも面白いかもしれませんね。

焼肉とオロナミンCは科学的根拠がなさそうですが、ウォーキングと乳頭マッサージは安産と母乳トラブル防止のために妊娠中からやっておいて損はないのでおすすめです!

ということで、陣痛ジンクスで陣痛がきた私の体験談でした。本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。