ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

奇跡の入院回避。3人目妊娠切迫早産(妊娠31週)

 

こんにちは。ばななつまです。

 

1週間前の健診では子宮頸管長が18mmとなり、「ほぼほぼ入院勧告」をうけてきました。

 

赤ちゃんのために入院が必要ならばしかたがありませんが、もしかしたら回避できないかなという僅かな期待をこめて、1週間、できる限り安静にして過ごしました。

 

妊娠31週 診察

病院で受付をして20分ほどで名前が呼ばれました。

 

妊婦健診ではないので、さっそく経膣エコーです。

 

めちゃめちゃ緊張しました〜!笑

 

そもそもあの内診台?いす?が苦手で、どこに体重を乗せたらいいのかわからずに、どうしても太ももとか腰とかに変に力が入ってしまうんですよね〜。

 

いすに座っている時は、お腹が張らないように、子宮頸管長が短くならないように、いつもせめてもと深呼吸を頑張っています。笑

 

エコーの途中で先生がちょっとカーテンあけますよ〜とモニターを見せてくれました。

モニターで、くっきりと三角形?半円?みたいな形に黒くなっているところがあって、これは子宮口がひらいてきているところだそう。

 

子宮口がひらいているとか…こわい!!!!((((;゚Д゚)))))))

 

子宮頸管長は18mmで先週と変わらず。

 

先生「うーん…。」「ちょっとよく相談しましょうか〜。」と苦笑いです(^^;;

 

内診室から診察室へ戻り、夫も同席して先生のお話をききました。

 

病院としては子宮頸管長が20mmをきったら入院をする基準ということ。

15mmをきったら早産を防ぐために張り止めの点滴をしていくこと。

入院になったら最低でも34週の肺が出来上がる頃までは退院できないだろうということ。

34週を超えれば、低体重だとしてもあまり問題なく成長していけるということ。

切迫早産だと急に破水した場合にお産を止めることはできないこと。

今は推定1,600gなのでまだ産まれてくるには小さいこと。

しかし入院したからといって破水しないということではない…ということ。

 

など、色々と丁寧にお話ししてくれました。

 

それを聞いた上で私は、まだ入院じゃなくて自宅安静が許されるなら自宅にいたいということを伝えました。

 

先生は、子宮頸管長が先週よりも短くなっていたら入院してもらおうと思っていたけど、変わらなかったので、どうしようかなあ〜。と悩んでいました。

 

心配ではあるけれど、上の子もいるし…。 先週から子宮頸管長はキープされているので、引き続き自宅で安静にして、厳重に経過観察をしていきましょうか。と言ってくれました。

 

張りやおりものが増えたり、出血があったり、なにかおかしいなと思ったらすぐにきてくださいね、と。

 

また1週間後に妊婦健診もかねて予約をとりました。

 

 

 

正直、入院した方が安心かな?とも考えましたが、子供たちのことを考えると少しでも長く自宅にいたくて…。

家にいても、家事もお世話も全然いままでのようにできていないけど…。

幼稚園の送迎も、習い事もいけず、一緒におでかけもできず、家では布団で寝ながらでしか遊べずで…子供たちにはたくさん我慢をさせています。

せめて、家で一緒に過ごしたいです。

何より私が寂しいのである(・∀・)!!ドヤァ

 

 

でも、さすがに入院すべき状態なら、私がいくらごねたところで、先生も入院してと言ってくるだろうし…。大丈夫だよね…?

 

先生のこと、信じますよ!!!?(^^;;

 

 

 

それにしても、、

たった1mmや2mmでこんなに一喜一憂するなんて…妊娠っていろいろな経験をさせられますね(^^;;

 

とりあえず、また1週間長く自宅にいられることになってよかったです。

また来週もクリアできるといいなあ…!

欲を言えば、たろちゃんの卒園式や入学式の日にも、出席はできなくてもそのハレの日に一緒に過ごしたい!自宅にいて送り出したい…!!

 

 

でも…20週で切迫早産と診断された時は、先の長さに絶望しましたが、1週間、また1週間と週数がすすみ、最近はゴールに近づいてきたな、という感じがして気持ち的にも少しは楽になってきました。

来週には妊娠9ヶ月に入ります。

 

出産準備も少しずつできてきて、あと少しで赤ちゃんに会えるんだと思うととても楽しみです。

 

f:id:bananatuma:20210224122139j:image

赤ちゃんの服って本当にみているだけで可愛くて癒されます…!!

 

新生児服ですら、産まれた時はぶかぶかだもんね〜。靴下も本当に小さい!

 

ベビー用品はほとんどネットで購入したり、母に買いに行ってもらったりしました。

 

ほんとうは実際にお店に行ってあれ可愛いこれ可愛いってやりたかったのですが…。それは産まれてからまた楽しみたいと思います。

 

いまはネットで可愛い服を好きなだけカートに入れて、合計額をみてうっひょーってなって結局買わないという暇つぶしをして楽しんでいます。笑

 

出産したら、忙しくなるだろうし、今のうちに暇な時間を楽しみたいと思います!

 

切迫早産で入院勧告をうける。(3人目、妊娠30週)

 

こんにちは。ばななつまです。

 

妊娠20週で切迫早産早産となってから、毎週通院していましたが、なんとか子宮頸管長をキープし続け、前回の健診ではなんと、「この様子なら大丈夫そうだね〜」と医師から太鼓判(?)をもらって、はじめて通院は2週間後でOKとなりました!

 

そんな中のぞんだ、妊娠30週(妊娠8ヶ月)の妊婦健診。

 

妊婦健診(妊娠30週)

採血と検尿がありました。

総合病院なので、採血検尿の部屋が産婦人科からはちょっと遠くて、採血は人数もたくさんいるので時間がかかります。

9時半から診察の予約でしたが、それまでに採血などを済ませなければならないので、8時半過ぎには到着しました。

 

わたしは採血と検尿を終えた時点でクッタクタ。

ずっと自宅安静でほぼ寝たきりなので、少し動くだけで動悸息切れめまいがすごいです( ;∀;)

産後が心配だよ…!

 

やっと思い出産婦人科にたどり着き、受付を済ませて血圧と体重測定。

何十分か待ったところで中待合室に呼ばれたのですが、予約の先生が緊急で呼ばれたらしく(多分入院病棟のほう?)、看護師さんに「少しお待ちいただきますね〜」と言われました。

 

その間も、お腹がちょこちょこ張る…。

先生、早くして〜!!!!

 

待っている身だとすごく長く感じましたが、多分20分もしないで呼ばれたかな。

 

まずは腹部エコー。

赤ちゃん推定1,400gになっていました!

エコー中もよく動き、元気元気。

頭も下だし、羊水の量もちょうどいいと。

一通りのチェックが終わって、お顔を印刷しようとしたら手で顔を隠されてしまいました!

3Dに切り替えてくれましたが、やっぱり手がお邪魔で見えない〜笑

ここにきて、勿体ぶってきましたな(・∀・)

 

採血の結果、気になる血糖も89でクリアでした!

OK〜!!!

 

続いて、経膣エコー。

エコー前の消毒?の時点で、「なんか大丈夫そうだね〜。」と先生。

 

なんでわかるんかいな?と思いながらも笑、

私「うふふ〜」と喜んでいたら、

 

エコーしながら先生「あれ、短くなってるなあ。」

 

私「……?!((((;゚Д゚))))))」

 

 

 

結果、子宮頸管長は18mm。

前回は22mmだったので、4mm短くなってしまいました。

 

先生「うーん、来週もう一回内診して、15mmとかになってたら入院かなあ。」「あーでもなあ。」「うーん…。」「今週入院できる?(・∀・)」

 

私「……ふん?!(・∀・)」

 

先生「赤ちゃん、まだ1,400gだから、いま産まれちゃうと長い期間NICUに入ることになるのね。」「それを考えると、上の子がいると入院もしづらいと思うけど、3〜4週間だと思うからさ。」って。

 

まあ、それはそうですよね。わかっておる、わかっておりますよ。早産になったら、赤ちゃんはもちろん、みんなが大変。

私も赤ちゃんには1日でも長くお腹にいてほしいし、少しでも大きくなってから生まれて欲しい。

 

ただ、なんとなくもう大丈夫だろうと油断してしたところからの入院宣告はつらい……(・∀・)!!!

せっかくここまで頑張ってあと1ヶ月だったのに…!

 

とりあえず、1週間後に予約をいれてもらったけど、先生「入院の準備ができたら、早めに来てね〜。」って。

 

ふん?

気づいたら1週間後の内診の結果次第じゃなくて、もう入院確定みたいになってますな?!(・∀・)

 

帰り際に、看護師さんも「入院の時にはコロナ検査をしてもらうんで、1時間くらいで結果がでるんですけど、なるべく午前中に来て下さいね〜。」って。

 

うん、なんか入院が確定的になっておる。

 

おーまいが。。(・∀・)

 

 

正直…

前回から診察が毎週じゃなくて2週間ごとになって、「なんだ、もう、大丈夫そうじゃん」と油断していたところがありました。

 

以前ほど、徹底して、意識的に動かないようにとしなくなったというか。

 

基本は、食事とトイレ以外は寝たきりだけど、食後にすぐ寝ると気持ち悪いから〜とか言ってしばらく座っていたり…

どうせ座っているならと写真の整理をしたり…

子供達の髪の毛を切ったり…

ちょこちょこ部屋の片付けをしたり…

あげく1度だけ近所のコンビニに遊びに行ってしまったり…(車に乗せてもらって数分だけど) 

 

うん、調子乗ったな(・∀・)

 

自業自得ですね…。

 

 

短くなってしまった子宮頸管長は、もう長くなることはないから、もう入院は確定なのかな…。(人によっては長くなるという話もあるみたいだけど、私は一度ものびていない…)

 

1週間後に18mmをキープできていたり、奇跡的にちょっと伸びて20mmとかになっていたら、入院しなくてもいいのかなあ…?

 

もしそうなら、全力で安静にするけど…  

 

先生は最初15mmとかになっていたら入院と言ったけど…その後の話の感じで多分それは期待しないほうがいいやつだな。

 

どうせ入院ならば、入院前にたろちゃんの小学校入学準備を少しでも進めておきたいけど…( ;∀;)

シール張りに、シール貼りに、シール貼り!!!

4週間入院して、そのまま出産になったりしたら、もう入学式になってしまう…!

 

どうしよう〜!!!!( ;∀;)

臨月まであと1ヶ月のところだったのに〜!!!

 

 

妊娠8ヶ月になった〜!!切迫早産張り止めなしチャレンジ3週目(3人目、自宅安静、妊娠糖尿病)

 

こんにちは、ばななつまです。

妊娠6ヶ月から切迫早産と妊娠糖尿病のダブルパンチで週に一回通院しています。

 

そんなわたし、ついに妊娠8ヶ月、妊娠後期に突入したぞ〜!!!

 

28週妊婦健診

検尿→問題なし

腹部エコー→赤ちゃん推定体重1,196g!

大きさ順調、心臓元気。

羊水量も問題なし。

頭も下向き!

 

赤ちゃん、ぐいぐい大きくなってきています。

お腹ももうパンパンで、ここから臨月にむけてさらに大きくなっていくと思うと恐ろしいですな…。

 

今月から、妊婦健診で腹囲と子宮底長を測定しなくなったそうで。

コロナのせい?と思ったけど、調べてみると最近は測らない病院も多いみたいです。

産婦人科ガイドラインで腹囲、子宮底長の測定の有用性は認められないとの記載されているんだとか。

たしかに、いまは超音波で赤ちゃんの状態がよくわかるし、腹囲などを測る必要はないのかもしれませんね〜。

希望すれば測ってくれるらしいですけど。

 

そしていよいよ、経膣エコー。

子宮頸管長は22mmをキープしていました!!

妊娠20週の25mmから2ヶ月!なんとかもちこたえてくれています…!!( ;∀;)

 

先生も、「大丈夫そうだね〜」とニコニコ。

う、嬉しい〜!!!

 

さらには、「週数的にも進んできたし、赤ちゃんも1,000gを超えてきました。張りも落ち着いているようなので、診察も2週間に1回で大丈夫だと思いますよ。」と言ってもらえました〜!!!!!!!!

 

わわわわわわわわわ〜!!!??!!!!?

 

私、びっくりして、「え、大丈夫なんですか?!」って聞いちゃいました。

 

先生は「心配なら来週も予約いれますか?」というので、「いえ、大丈夫です〜!笑」とお断りして、2週間後に予約をいれてもらいました。

 

いやはや、臨月まであと8回の診察(子宮頸管長チェック)を乗り越えなければならないのかと思っていたのですが、急に半分の4回になりそうです。

 

そう思うと、臨月まであっという間な気がしてきた…!!!

 

とはいえ、まだ2ヶ月もあるので、「もう、産んでもよし!」となるまでは、安静にしていきたいと思います〜。

 

子宮頸管長は短くなっても自覚症状がないので、毎週みてもらえないのはやっぱり心配です。

でも、毎週いくのは地味〜に大変だし、お金もかかるし。

なにより先生が大丈夫だって言っているんだから、きっと大丈夫!!!

・張りが多い

・おりものが増えた

など、気になることがあったらいつでもきてくださいね、と言ってくれました。

 

そして、お会計は、初めて0円でした!

いつもは、助成券をつかっても、なぞに200円くらいかかっていたんですけど。笑

 

さらには、妊婦健診じゃない週の切迫&妊糖の診察の日は毎回2,000円くらいかかっていたので、チリツモで地味〜に痛い出費でしたね。

 

もう、そういうのも含めての妊娠中の出費は全部無料にしてほしいよね。分娩費用とかもさ。

全部無料にした上で、出産育児一時金もほしい。

学費も小学校から大学までぜんぶ無料にしてほしい。(突然のくれくれおばけ)

 

 

ということで(?)、話はそれましたが、

今回も入院にならずに無事に帰還できてよかったです!!

診察の回数も減るというプレゼント付きだしね。

 

次回は採血もあるので、調子に乗って食べすぎたりしないように、気が緩んで動きすぎたりしないように、気を付けていきたいと思います〜!!

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました〜!

 

切迫早産、張り止めなしチャレンジ2週目。(3人目、妊娠7ヶ月、27週、自宅安静、妊娠糖尿病)

 

こんにちは、ばななつまです。

切迫早産ですが、妊娠糖尿病のため張り止めの薬の服用をやめてから2週目。

ドキドキしながら病院へいってきました。

 

妊娠27週

この日は珍しく検尿も採血もなし。

2ヶ月近く安静生活を送っているわたしは、ちょっと歩いただけでクラクラ〜っとしてしまうので、産婦人科に直行できるのは嬉しい。(総合病院なので、採血室や採尿室が遠いのよ…)

 

待合室で待っている間、1回お腹が張りました。

 

名前が呼ばれて、さっそく経膣エコー。

子宮頸管長22mmをキープしていました!

内心台で腹部エコーもしてくれて、赤ちゃんの心拍も元気だそう。よかった〜(o^^o)

前回言われたエコー写真の三角の影のことも言われなかったし、ほっと一安心。

 

また1週間後に診察予約をとりました。

 

毎週病院にいくのは大変だけど、子宮頸管長を確認してもらったり、赤ちゃんが元気だとわかるのは安心。

胎動は感じているけど、弱くなったとかわかりづらいし…先生に元気ですね〜って言ってもらえると心強いです。

子宮頸管長については、短くなっても自覚症状ないしね…。

 

病院日のご褒美

そして帰ってきてから、ご褒美にシャトレーゼの「大人のチョコバッキー 焦がしバターキャラメル」をいただきました〜!

 

f:id:bananatuma:20210127124458j:image

これ、めっっっちゃうまい。

 

病院の日の帰りはご褒美デーで、通り道のケーキ屋さんとかコンビニに寄って、好きなものを買っていいって勝手に決めています。

 

妊娠糖尿病なので、普段は甘いものをなるべく控えているけど、この日は食べたいものを食べます!

 

自宅安静って、楽そうなのに、いざ家にこもりっぱなしだと意外にストレスで。

自由に出かけたり、買い物も行けないし。

ずっと喋る相手もいないし、寝っぱなしも体が痛くなるし、スマホをみてると目が疲れたり頭が痛くなるし。

 

夫がめちゃめちゃ頑張ってくれているのに、動けないっていうのも、申し訳ないやら情けないやらで。

自分としては元気なのに、動いちゃダメっていうのがキツいです。

もちろん、動かないことが赤ちゃんのためにわたしがやるべきことで、それがわたしの仕事だっていうのはわかってるんだけど。

 

でも!!!わたしは長男たろちゃんのときに切迫早産で2ヶ月入院した経験があるので、入院に比べたら全然マシだ!!!って思います。

同じ安静でも、家に帰れないのは辛い。

 

特にいまは、上の子がいるので、このコロナ禍で入院になったらと思うと耐えられません…!!(面会禁止なのでね)

 

今まで通りの生活はできないけど、幼稚園が終わったらおかえりと迎えることができて、ご飯を一緒に食べられて、一緒に寝ることができる。そんな普通なことができることに、幸せを感じます。

夜中に両隣から頭突きやかかと落としの襲撃がくるのですら、愛おしい。

 

たろちゃんは、2ヶ月前に私が切迫早産になったくらいから、寝るときに手をつなぐようになりました。そしていつのまにか、じろちゃんも。

まだ幼稚園児なりに、なにか思うところがあるのかな。

子供達のことを思うと、入院なんてしていられないっ!!

安静生活がんばります〜!!!

 

そして、いよいよ、もうすぐ妊娠8ヶ月、妊娠後期に突入です〜(^o^)/

 

妊娠中・切迫早産中の便秘改善のためにダノンビオを食べています。

 

 

こんにちは。ばななつまです。

 

わたしはもともと便器体質なのですが、妊娠してからはさらにひどくりました。

 

しかし、切迫早産になってからは、トイレでいきむのも怖くて怖くて…。

 

あまり力を入れるとお腹が張るし、そのせいで子宮頸管長が短くなったり万が一破水でもしたらと思うと、なかなか思う存分に力を入れることができません。

 

便秘改善にはウォーキングなどの運動が効果的と言われていますが、わたしは切迫早産なので動き回ると言うわけにもいかず。

 

上の子の妊娠時にはお通じ改善のためにマグミットという錠剤を飲んでいましたが、どうもお腹が痛くなったりしてうまくのめなかったので、今回はなるべく薬に頼らずに改善できたらなと思いました。

 

そこで、取り入れたのが、ダノンビオ。

 

以前CMで「ビオ14日間チャレンジ」といって、14日間食べ続けるとお通じが改善できるとしていたのが印象的で、便秘→腸内環境→食事改善→ヨーグルト→ダノンビオと行きつきました。

CMってすごいね。笑

 

f:id:bananatuma:20210127124551j:image

わたしが食べているのはプレーン砂糖不使用の脂肪0というもの。さっぱりしていて美味しいです。

 

ダノンビオには「BE80菌」という、腸まで長く生き抜くことができるビフィズス菌が含まれていて、この菌の働きで腸の動きを促進してくれるそう。

ダノンのヨーグルトならなんでもいいわけではなくて、「ダノンビオ」だけですよ。

 

 

ダノンビオの効果は?

ということで、便秘改善のためにとりいれたダノンビオの効果ですが、結果としては、わたしには効果抜群でした!

 

はじめは、1日1個食べていたのですが、なかなか効果は感じられず。(そもそもそんな即効性のあるものではないですが)

 

そこで、調べてみると、1日3個くらいまでは食べてもいいということだったので(ダノンビオの商品サイトのQ&Aに載っていました)、

1日3個、食事と一緒に食べるようにしてみました。

 

すると、数日でみるみるとお通じが改善されて、とってもいい感じに!!!

 

便秘じゃないのって、こんなにスッキリするのか…と感動すらしました。笑

 

人にもよるのかもしれませんが、頑固な便秘体質のわたしには、1日3個のダノンビオが合っていたようです。

 

ちなみに、体内に取り込まれたビフィズス菌は、数日で体外に排出されてしまうそうなので、毎日とり続けることが大切なんだそうですよ〜。

 

わが家の冷蔵庫には常に大量のダノンビオがに常備されています(^q^)

ビオ課金が半端ない。

 

 

でもほんと…便秘でトイレで何十分もうなっている時間ほど無駄なものってないんじゃないかと思うんですよね。

スルッとでればあっという間に終わってしまうものに、なんで私はこんなに時間をかけなきゃならないの、って…。

しかも、朝の忙しい時間だともう最悪です。

便意があってトイレに行ったものの、途中でお産が進まないパターンね。もう、途中まで出てるのに!っていう。

こうなってしまうと、もう、最後まで戦うしかないので、しばらくトイレに籠城です。

 

 

そんな日のことを思うと、ビオ課金なんて安いもんです。

もう、一生手放せないかもしれない…。笑

 

これからも、ダノンビオで腸活続けていきたいと思います〜!!!

張り止め薬なしの切迫早産自宅安静。(3人目、妊娠7ヶ月、26週、妊娠糖尿病)

 

こんにちは。ばななつまです。

 

いまは妊娠7ヶ月で、切迫早産と妊娠糖尿病のダブルパンチをくらっています。

 

切迫早産で張り止めの薬のリトドリンを1日3回服用していましたが、妊娠25週で空腹時血糖値が100を超えてしまったので、服用を中止することに…。

 

服用を中止してからは、より一層安静を心がけていますが、お腹の張りが増えたような気もします…。

 

張りにすごく神経質になってしまって、張るたびに、不安とストレス。゚(゚´ω`゚)゚。

ストレスでまた張りが増えそうだし…悪循環です。

 

下痢の時みたいにお腹がちくちくと痛いことも何度かありました。

陣痛だったらどうしよう?!と心配でしたが、痛いけど、お腹は張っていないので様子をみることに。

 

胎動も少ない気がしたり…なんかいろいろ不安です。

 

ずっと家で寝ていると、色々と考えてしまって…

気分転換しようにも、スマホも飽きたし、目が疲れるし、やることがない…!!

 

からだは常にだるいのに、眠れない日々が続いて…

ストレスー!!!!!!!

 

ということで、TVerであざとくて何が悪いの?としゃべくりをみてみたら、自然と笑えてちょっとスッキリ!(結果スマホ笑)

 

さらに、プライムビデオでコウノドリをみたらめちゃめちゃ泣けて、さらにスッキリ〜!!!

妊娠・出産って、本当に奇跡なんだな〜と改めて思えて、安静生活つらいけど、頑張ろうって思えました!

 

スマホでドラマやバラエティをみているときは、時間が経つのがあっという間で、リラックスしているからか、胎動も元気にありました。

やっぱり、ストレスはからだに良くないんだな〜。

 

 

26週 妊婦健診

そして、張り止めを中止してから1週間後の妊婦健診へ。

 

まずは、採血。

空腹時血糖値は84で、基準値内に戻りました!!

 

やっぱり、張り止めを飲んでいたのが血糖値をあげる原因だったみたい。(食事も改善したけどね)

インスリン注射は避けたかったので、ほっと一安心です。

 

続いては、腹部エコー。

赤ちゃん元気!

推定体重は947g で、順調に育っています。

頭もちゃんと下に向いているようなので、よかった〜。

 

そして経膣エコーへ。

お腹の張りは増えた気がするので、どうなっているか、ドキドキでした。

 

エコー中に、先生が「あれ?張ってる?!」と聞いてお腹を触ってきたけど、実感はなし。

なんだったんだろう…。

 

子宮頸管長は22mmでした!

なんとかキープしています。

張り止めなしでがんばったよ〜!!!

 

あとで経膣のエコー写真を見せてもらったら、三角の形に影ができているところがありました。

これは子宮に圧力がかかっているということで、子宮口がひらく原因にもなるんだとか。

エコー中に、「張ってる?」と聞かれたのは、この三角がでていたからなのかな?

待合室では一度張ったけど…その影響なんだろうか…。

 

 

とりあえず、今後はまた引き続き、張り止めの薬なしでいくことに。

 

血糖が高いと赤ちゃんに悪影響になるから、張りと血糖をてんびんにかけたら、私の場合は張り止めの薬の服用をやめて血糖値をあがらないようにするほうが赤ちゃんにとって良いと判断されました。

 

リトドリンは、張りを抑える薬だけど、子宮頸管の長さを保つ薬というわけではないので…と。

(じゃあなんで今まで飲んでたんだ?笑)

 

私としては、張り止めを飲まないのは心配だけど、1週間なんとか張り止めなしで子宮頸管長をキープできたことがわかって一安心でした。

副作用がないのも嬉しい!

 

とはいえ、今後はまだまだお腹が大きくなってくるので、油断は禁物…。

 

かんばって安静にしていきたいです〜!!