ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

妊娠2ヶ月。妊婦の新婚旅行(海外旅行)は自由旅行でゆったりプラン。妊娠初期症状&つわりの始まり…。

 
こんにちは。ばななつまです!
 
妊娠発覚の翌週に予定していた新婚旅行。
病院で確認をして、夫と相談をして、
 
妊娠2ヶ月の妊婦、イタリアへ新婚旅行へ行くことに!
 
と、決まったのはいいのですが…。
 
 

出発の数日前から謎の体調不良

・微熱
・だるい
・鼻水がでる
・頭痛
・胃がムカムカする
 
その時は風邪ひいた…。と思っていたのですが、もしかしたら妊娠初期症状だったのかもしれません。
 
そして妊娠中は薬を飲むことができないと思い込んでいたので病院にも行かなかったのですが、
病院に行けばよかったです、まじで。
 
それが妊娠初期症状にせよ風邪にせよ、病院にいっていれば鼻水止めの薬やら頭痛薬やら、妊娠中でも飲める薬をもらえたかもしれない。
そうすれば体調不良に悩まされることなくもっと元気に旅行が楽しめたかもしれないのに…。とあとで後悔しました。
 
 

イタリア旅行

と、まあ、多少の体調不良はあったものの。無理をしない程度で思いっきりイタリア・トリノ・ミラノを堪能して来ましたよ〜!

 

ユベントススタジアム・ミュージアムにいったり、

どでかいピザを食べたり、

ジェラートを食べたり、

ドューモを見たり、

最後の晩餐を鑑賞したり、

公園に行ったり、

街をプラプラ歩いて雑貨屋さんに入ったり。

街並みがオシャレなので、もう歩いているだけでとにかく楽しい!


イタリアの料理の1人前はピザもパスタもとにかくどでかくて、びっくりました。

食いしん坊なので出されるがままに食べまくっていたら、旅行前後で3kgも体重が増えてしまいました…!(^^;;

 

ジェラートもたくさん食べたのですが、柑橘系やヨーグルト系がビンゴ。
妊娠前はゴテゴテに甘いチョコ系が好きだったので、「妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる」は本当でしたね〜。

 

 

自由旅行おすすめ

そして、今回イタリアへはツアーではなくホテル飛行機などすべて自分たちで手配して自由旅行でいきました。

 

私の友人で新婚旅行にツアーでイタリアに行った夫婦がいるのですが、スケジュールがカツカツでとても忙しかったと言っていました。

移動も多いし妊婦さんにはハードそうですよね。

 

その点、自由旅行なら疲れた時には好きにホテルに戻って休んだり、体調に合わせてプランを変更できるので無理なく動けておすすめです。

 

完全に自分たちでするのが大変ならば、飛行機やホテルは旅行代理店に手配してもらって現地では自由に動けるようなパッケージもいいと思います。

 
 

つわり、始まる。

そして旅行中、ジワジワとつわりが始まりました。
 
すれ違う外国人独特の体臭?香水?の匂いに何度も「ウッ…」と不快感を覚え、
空港や百貨店の香水売り場では鼻をつまんで堪えました。
 
まだつわりが始まったばかりで症状が軽かったのが救いですが、もっと本格化していたらとても旅行どころではなかったと思います。
 
海外は特に色々とにおいが強いので、つわり中には行かない方がいいのでは…。と思いました。
 
 
ちなみに私のつわりが「本格始動」したのはイタリアからの帰りの飛行機でした。
 
機内は外国人独特のにおいと機内食の匂いがもんもんとしていていました。
「あーなんか気持ち悪いな〜」と思いながらも機内食のフタをあけた、その時。
 
謎の料理(どこの国の料理かわからないけど、言うなればグチャグチャ系まぜまぜ系ごはん)を見た瞬間、アウト笑
 
飛行機の窓側の席に座ってた私は、通路側の夫とその隣に座る外国人に食事をどかしてテーブルをあげてもらって「すみません!すみません!」とトイレにダッシュ。
 
そしてマーライオンになりました。
 
久しぶりに吐いたのでびっくりした…。
 
そして帰国後につわりが本格化して廃人と化す日々を送ることになります。
 
もしも旅行の日程があと1週間でもうしろにズレていたら旅行に行けなかったかもしれません。
ギリギリセーフで行けて本当によかったです。
 
 

まとめ

  • 旅行前に体調不良があれば通院して薬などを準備して万全の対策を!
  • 旅行は融通の利くゆったりプランで
  • 無理をしないで楽しむべし
  • つわり中の海外は悲惨かも…
  • 旅行前に医師に相談するのもお忘れなく!
 
  
 ▼その後のつわりとの闘いの記録はこちらからどうぞ