ばなな日和

新米ママと、息子と、旦那との日々。

スポンサーリンク

出産レポ②破水で陣痛開始から48分で驚異のスピード出産!(2人目経産婦、ウォーキング効果で超安産、もはや快感、だけど会陰裂傷。総合病院出産)






 

こんにちは。ばななつまです。

「出産レポ①」では前駆陣痛にまんまと騙されて夫婦で病院に寝泊まりしたところまでお伝えしました。

 

そして夜が明けて家への帰宅が決まって間もなく、それは突然やってきました。

 

 

破水

そのとき私はまだ寝起きでボーッとしながらベッドに横になっていました。夫は両家へ前駆陣痛だったことを連絡をしに部屋の外へ出ていて、ちょうど戻ってきたその時です、

ごんっ!! と激しすぎる胎動のような感覚がありました。

(この瞬間を夫が目撃していたのですが、私が急に眉間にしわを寄せてすごい顔をしたので驚いたそうです。笑)

上の子のときも破水した私は「これは多分破水だ!」と思い、ナースコール。 そのすぐ後にジャーーーーっと水がでていく感覚があり、助産師さんに確認してもらうとやはり破水でした。

このとき子宮口は6cm。 赤ちゃんの頭が触れるところまできていました。

「このまま一気に分娩まで進んでいくだろう」ということで分娩用のショーツにかえてもらい、助産師さんは分娩室の準備にとりかかりました。

 

 

本陣痛きたる

そしてついに、前日までの前駆陣痛の痛みとはケタ違いの「ザ・陣痛」がやってきました。

前日もピークのときはなかなか痛いと思っていましたが、本陣痛がきてみて「ああ、陣痛の痛みってこれだよね」と思うと同時に上の子の時の地獄のいきみのがしを思い出し恐怖に怯えました。上の子の時はなかなか子宮口が開かずにいきみのがしが本当に辛かったのです。

 

そして今回もいよいよいきみたい感覚がやってきました。助産師さんに「いきみたくなってきました」というと、夫が「いきみたいってどんな感じ?」と聞いてきて助産師さんが「硬いウンチを出したい感じですよ」と答えていたのですが、その時まさにそんな感覚だったのでドンピシャな回答に感動しました。笑

 

陣痛室でしばらくいきみのがしに耐えることになるのかなと思っていたのですが、3回ほど陣痛がきたところで分娩室へ移動することになりました。今回は早い、早いぞ!

 

 

分娩室へ

分娩室へは陣痛の波が過ぎたタイミングで歩いて移動しました。案内された分娩台は上の子のときと同じ場所。もう少しで赤ちゃんと会えるんだ、と気合が入ります。

分娩台へあがると助産師さんがシートを敷いたりとせっせと分娩のしたくをしながら、陣痛がくるとお尻を押してくれました。上の子のときも感動したけど、助産師さんの押し方は本当に押して欲しいところピンポイントですごいです。

そしてあっという間に子宮口全開に。

まだ医師がきていませんでしたが全開と聞いた私はいきみたくてしょうがなかったので、「いきんでいいですか?!」と聞くと好きなタイミングでいきんでいいですよと言われました。

 

 

いきむ!!

いきむ!いきむ!いきむ!

助産師さんに上手ですよ〜と励ましてもらいながら、夫に涙を拭いてもらいながら、私は全力でいきみました。(ちなみに夫に手を握るかと聞かれたけど拒否しました笑)

3回くらいいきむと「もう1〜2 回で出ますよ〜」とのこと。なんという早さ。 いつのまにか医師も到着していました。(当直で急いで呼ばれたのか半分私服のような服装をしていた)

助産師さんが手で会陰部を広げてくれていたのがそういえば上の子の時もこんなんだったな〜となんだか懐かしかったです。

 

 

誕生

2回目にいきんだときに、いよいよ「はい、出ますよ〜力抜いてください〜」と言われました。

力を抜いてと言われても、骨盤の途中で赤ちゃんがひっかかっている感じで痛いし、いきみたいし、力を抜くのも難しい。

私はなんとか力を入れないようにできるだけ力を抜きました。すると、どゅるるるんっっと赤ちゃんが抜けていく感覚の少しあとに、

ほぎゃー

ほぎゃー

ほぎゃー

と、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。

 

その瞬間私には、産声を聞いた感動と、嬉しさと、無事に産まれてほっとした気持ちと、10ヶ月の妊娠と陣痛を乗り越えた達成感のような気持ちと、とにかくいろんな気持ちが一気に込み上げてきました。

夫や助産師さんが色々ことばをかけてくれたかもしれませんが、正直何を言われたか全く覚えていません(笑)

 

赤ちゃんは取り上げられているときに近くにあった医療機器のチューブをつかんだり、足を突っ込んだりととても元気だったそうです。

 

へその緒を切ってもらった赤ちゃんが私のお腹の上に乗りました。3,268gの男の子です。

新生児の赤ちゃんはとても軽いと記憶していましたが、お腹の上に乗った我が子を私はとても重く感じました。

エコーでもわからないくらいの小さな粒だった命が私のお腹の中でこんなに大きくなってくれていたんだなあと思うと、無事に産まれてきてくれた赤ちゃんに本当にありがとうという気持ちでいっぱいになりました。

 

 

超スピード&安産で分娩終了

赤ちゃん誕生から少しして、またもやどゅるるるんっという感覚とともに胎盤がでてきて無事に分娩が終わりました。

破水から赤ちゃん誕生まで48分、胎盤がでてくるまでの分娩所要時間55分の超スピード出産でした。

あまりのスピード出産で脚カバーも片脚しかできなかったみたいです。(笑)

赤ちゃんが出てくるまでの間は骨盤のあたりがものすごく痛かったのですが、どゅるるるんと赤ちゃんが出てくると一気に痛みがなくなり、骨盤につっかえていたものが取れるような「すっきりー!!気持ちいいーー!」という感覚でした。 こんなに安産だったのはきっと臨月にはいってからのウォーキング効果だと思います。やっぱり運動って大事なんですね。

 

 

会陰裂傷と縫合

あっという間の出産でしたが、一気にいきんでしまったせいなのか会陰が少し裂けてしまっていたようで、縫合することになりました。今回は会陰切開なしでいけたと思ったので残念。

そしてこの縫合、まず麻酔が痛い!縫うのも痛い!しかも長い!いつまで縫ってるんだと心の中でヒーヒーしていました。

安産のおかげで自分が元気なせいか痛みが鮮明でした…。

 

その後もろもろの処置が終わって私も着替えさせてもらいました。お腹の赤ちゃんがいなくなったせいなのか、私はものすごく寒気を感じて布団をたくさんかけてもらいました。

 

 

初めての抱っこ

会陰を縫合したりなんだりしている間に赤ちゃんは測定や処置をしてもらって服を着せてもらい、

パパ、初めての抱っこです。

f:id:bananatuma:20171011172643j:image

次男くんはずっと口をちゅぱちゅぱさせていて可愛かったです。

その後、私も抱っこさせてもらいましたが小さな赤ちゃんを抱くと、新しい家族が増えたんだなあと実感しますね。とても幸せな瞬間でした。

 

 

おわりに

我が家の次男こじろうくんの出産レポでした。

いのちが誕生する瞬間というのは何度経験しても(二度しかしてませんが笑)本当に神秘的でなんともいえない感動がありますね。

妊娠中はつわりに苦しんだり臨月にはあちこちが痛くなったりマイナートラブルに悩んだりと大変なこともありましたが、妊娠・出産というとても貴重な経験をさせてもらいました。

無事に産まれてきてくれた我が子とここまでサポートしてくれた夫や家族に感謝です。

これからは二児の母として、のんびり頑張っていきたいと思います〜。

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!